PEOPLE: Member/ メンバー


  • 役員
  • ポテンシャルアクセラレーション事業部
  • ポテンシャルインキュベート事業部
  • FastGrow事業部
  • マネジメントサポート部
  • 人事・広報部
  • コーポレート部
  • クライアントリレーションズ部門
  • ヒューマンキャピタル部門
  • クリエイティブ部門
  • カスタマーサクセス部門
  • アーリーポテンシャル部門
  • ウエストビジネス部門
  • スローガンアドバイザリー株式会社
  • チームアップ株式会社
  • 男子校
  • 女子校
  • 中退・留年
  • 国公立大学
  • 早稲田大学
  • 慶應義塾大学
  • 体育会
  • 長期インターンから入社
  • 岐阜
  • 静岡
  • 関西弁
  • 広島弁
  • メガネ
  • 白シャツ
  • 高身長
  • イケメン
  • 声がでかい
  • ドラム
  • 筋トレ/筋肉好き
  • 実家自営業
  • 末っ子・一人っ子
北川 裕憲

北川 裕憲

取締役 執行役員CFO
兼 コーポレート部 部長 公認会計士

Hironori KITAGAWA
Board director, CFO
and Corporate Planning Division Manager Certified Public Accountant

岐阜県下呂市出身。公認会計士。2005年、斐太高等学校卒業後、明治大学経営学部へ入学。公認会計士の試験勉強をしていた大学4年の夏に執行役員・川野の紹介でスローガンと出会い、それから約3年半、試験勉強の傍ら、財務・経理担当のインターンとしてスローガンのスタートアップ期を支える。2009年、早稲田大学大学院会計研究科修士課程を修了し、公認会計士論文式試験に合格。合格後は監査法人へ就職し、上場企業監査や学校法人監査、IPOコンサルティングなどの幅広い業務を経験。2015年7月、スローガンへ帰還。趣味はバスケと晩酌。

太田 千香子

太田 千香子

ポテンシャルアクセラレーション事業部
カスタマーサクセス部門
オンラインナーチャリングチーム

Chikako OTA
Potential Acceleration Division
Customer Success Department
Online Nurturing Team

大学時代、アルバイトで塾講師・学童保育指導員を経験し、教育について興味をもつものの、新卒就活では一旦教育への思いを封じ、次に興味のあった食品業界にて通販カタログの編集を担う。程なくしてweb編集にも興味を持ち、教育分野のwebメディア運営会社へ転職。より教育の現場に近く、かつ編集の仕事が可能な場所を探していたところ、スローガンに出会う。「人の可能性を最大に引き出す」「もうひとつの大学をつくる」という理念に共感し、参画を決意。日本のお祭りが好き。機嫌が良いと炭坑節を口ずさむ。

濵ノ園 俊

濵ノ園 俊

ポテンシャルアクセラレーション事業部
カスタマーサクセス部門
オンラインナーチャリングチーム

Shun HAMANOSONO
Potential Acceleration Division
Customer Success Department
Online Nurturing Team

広島県出身。兄が中学受験をしたことに刺激され自分も広島学院中学・高校に進む。そこでテニス部部長として励む中で、チーム・個人の成長のサポートが喜びになることを知り、教師という夢をもつ。その後、広島大学教育学部を卒業し、数学教員として従事する。テニス部顧問として全国大会出場・授業では特別進学コースを持つなど、教員として多くの経験をするが、生徒が夢に安定を求めることに日本社会の課題を感じ、転職を考える。その中でこれからの日本の発展に貢献したいと強く思うようになり、友人から勧められたスローガンの「才能の最適配置」という理念に共感し、即入社を決意。趣味は服、特に革靴を見ること。

伊藤 豊

伊藤 豊

代表取締役社長

Yutaka ITO
Chief Executive Officer

1977年11月に栃木県河内郡(現・宇都宮市)に生まれる。1996年私立開成高校卒業後、東京大学理科一類へ。その後、文転し、文学部行動文化学科心理学専修課程を卒業。2000年に日本IBMに入社。システムエンジニア、関連会社にて新規ビジネス企画・プロダクトマネジャーを経て、本社のマーケティング部門にてプランニングワークに従事。2005年末にスローガンを設立。「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで、新産業を創出し続ける」をミッションに、新興成長企業への成長支援をヒューマンキャピタルを軸に実施。2014年より投資事業を立ち上げ起業支援もおこなう。協力した著書に、『大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社』(朝日新聞出版)がある。

松尾 賢人

松尾 賢人

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
プロジェクトサクセスチーム

Kento MATSUO
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Project Success Team

千葉県出身。私立市川高校卒業後、一橋大学商学部に進学。人材マネジメント専攻。学生時代、ゼミで経営者・社会起業家たちの話を聞く機会に恵まれ、自分も理念や信念を持って働きたいと思うようになる。就職活動中、偶然知ったGoodfindセミナーに参加した際に、スローガンが掲げる「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで、新産業を創出し続ける」というミッションに共感し、入社を決意。マンガ、お笑い、散歩、お酒が好き。

岡田 拓朗

岡田 拓朗

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
関西 Incubation Partnerチーム
インキュベーションパートナー

Takuro OKADA
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Kansai Incubation Partner Team
Incubation Partner

兵庫県明石市出身。多趣味で好奇心旺盛な性格。小学校時代は、野球、バスケ、バレー、陸上など、様々なスポーツに挑戦し、中学~高校時代は野球部として青春時代を過ごす。その後、関西大学法学部に入学し、政治に興味を持ち、議員の仕事を疑似体験できる議員インターンシップに参加。ビジネスにも興味が出始め、NPO法人ドットジェイピーで大学生と議員を繋ぐ活動を行い、支部の代表も経験、また自らでキャリア関連のイベントを企画・開催などもし、延べ500名以上の大学生と関わる。その後、新卒で大手人材会社に就職。1年目では営業を中心に行い、2年目からは営業のみならずOJT、リーダーとしてマネジメントなどにも従事。3年経つタイミングで、ずっと問題意識を抱えていた新卒領域と教育領域で働きたいと思い、スローガンの理念に共感、事業にも興味を持ち、参画を決意。最近の一番の趣味は映画鑑賞で、大体月に10本以上鑑賞。よい映画をできるだけ多くの人に広めたいと思い、Instagramにレビュー投稿を始め、2018年4月現在でフォロワーが8000名ほどに。

張田谷 魁人

張田谷 魁人

ポテンシャルアクセラレーション事業部
アーリーポテンシャル部門

Kaito HARITAYA
Potential Acceleration Division
Early Potential Department

神奈川県横浜市出身。開成高校卒業後、慶應義塾大学経済学部に進学。無気力な帰宅部生活を送っていた高校時代から一転、大学ではビジネスコンテストの運営、企業ブランディングを手掛けるベンチャー企業での新規事業立ち上げに関わるなど、ビジネスの世界にどっぷり浸かっていく。就職活動ではリーディングカンパニーへの憧れから、東京海上日動火災保険の内定者になったものの、「これからの日本を支えていくには、優秀な人材が古い産業を創りかえていかなければならない」との問題意識から、内定を辞退。2度目の就活を経て「人を軸にした新産業創出」を掲げるスローガンへの参画を決意する。

佐野 雄図

佐野 雄図

ポテンシャルアクセラレーション事業部
アーリーポテンシャル部門
部門長

Yuto SANO
Potential Acceleration Division
Early Potential Department
Manager

千葉県立船橋高校の理数科を卒業後、早稲田大学先進理工学部物理学科へ進学。その後東京大学大学院に進学し、生物物理学を専攻し人工細胞の研究に従事。高校時代から教育に興味があり、学生6年間教育関係の活動を続ける。「自分らしく必死に生きる人を支援したい」という価値観のもと、不登校児などへの科学実験教室の講師や、学生NPOや教育系スタートアップ企業の新規事業の立ち上げを経験。学部3年次からは文部科学省の総合事務職を志望していたが、官庁訪問で30人以上の官僚と会った結果、民間のベンチャー企業などを志望するようになる。2018年4月にスローガンに入社。

仁平 理斗

仁平 理斗

ポテンシャルアクセラレーション事業部
執行役員 兼 ポテンシャルアクセラレーション事業部長

Masato NIHIRA
Potential Acceleration Division
Executive Officer and Potential Acceleration Division Manager

2008年、創業期のスローガンにインターンとして約1年半在籍。フルコミットで働き、事業責任者として主要部門のマネジメントをおこなう。2010年、株式会社ディー・エヌ・エーに入社。新規事業立ち上げに従事後、社長室へ異動しソウル支社へ出向、海外事業立ち上げに従事。帰国後、ゲーム事業部にて開発部長・エグゼクティブプロデューサーとして「逆転オセロニア」をはじめ、アプリゲームを複数プロデュース。同社、新卒採用最終選考官・サマーインターンシップメンターを複数年にわたり担当。2016年12月、 自身のミッションである「日本社会への恩返し」を実現するために、スローガンに復帰。1986年生まれ、東京都出身。早稲田大学国際教養学部卒業。

下妻 季可

下妻 季可

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
セールスチーム

Riko SHIMOZUMA
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Sales Team

北海道札幌市出身。ミュージカル(ポーランドでの公演経験あり)、少林寺拳法(初段保持・最優秀賞獲得経験あり)、バイオリン(特になし…)など興味を持ったことはとにかくやってみる(やらせてもらう)幼少期を過ごす。中学で興味を持った国際協力の学びを深めたいと思い、平和博物館を有するなど国際関係の分野では先進的な立命館大学・国際関係学部へ進学。サークルでは、Habitat for Humanityの学生支部に所属し、輪島の土蔵修復やネパールでの住居建築などを行う。大学卒業後は、グローバルIT企業の経営企画、web広告の営業を経て、“人の可能性を引き出す”ことをミッションとしたスローガンで自らの可能性も貪欲に広げ、深めていきたいと思い参画。

寿松木 充

寿松木 充

スローガンアドバイザリー株式会社
エージェント

Mitsuru SUZUKI
Slogan Advisory, Inc.
Agent

秋田県横手市出身。幼いころからバスケットに打ち込み、チーム作りを通じて1+1が5や10になる面白さに魅了される。千葉大学工学部に進学後は、自身が色弱であることからヒトが色を感じるメカニズムに興味を持ち、色彩工学分野の研究に励む。その研究を通じたプロダクトを開発したいと考え新卒では大手精密機器メーカーへ入社。その中で自分の仕事の意義を認知することの大切さ、キャリア形成を自ら切り拓くことの大切さを痛感。そのため多くの人が自分の価値を感じながら、ワクワクして働くための手伝いがしたいと考えて転職支援業界の世界へ飛び込む。㈱リクルートキャリアの経営企画職を経て、2017年9月スローガンアドバイザリーへ参画。

笠嶋 凡幹

笠嶋 凡幹

ポテンシャルアクセラレーション事業部
カスタマーサクセス部門
オンラインナーチャリングチーム

Minaki KASASHIMA
Potential Acceleration Division
Customer Success Department
Online Nurturing Team

福井県出身。学生時代は吹奏楽に没頭し、充実した日々を過ごす。(特に高校は吹奏楽の名門校で、某TV番組で特集されたことも)進学、就職を機に上京。前職では、大手人材会社にて中途採用のスカウトサービスに携わり、企業の採用支援に従事。キャリア形成や人と企業のマッチングに興味を持ち、経験の幅を広げられる場所として、スローガンに入社を決意。趣味はカフェ巡りと美味しいパン屋を探すこと。

松永 惇平

松永 惇平

スローガンアドバイザリー株式会社
コミュニケーションプランナー

Jumpei MATSUNAGA
Slogan Advisory, Inc.
Communication Planner

福岡県北九州市出身。関西学院大学商学部に進学後、マーケティング学を専攻する。就職活動では、周りの学生が唱える「大企業に行くことが正解」という考えに疑問をもち、新卒で中小Sierに未経験エンジニアとして入社。しかし入社した企業には「大企業への劣等感」を持ち合わせている人が多く、その環境に嫌気が指す。そこから働く環境は、共に上を目指すベンチャーだと確信。スローガンのミッションである「人の最適配置」に共感しスローガングループに参画を決意。

小松崎 涼一朗

小松崎 涼一朗

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クリエイティブ部門
グロースチーム
エンジニア

Ryoichiro KOMATSUZAKI
Potential Acceleration Division
Creative Department
Growth Team
Engineer

栃木県出身。子供の頃から楽器演奏が好きで、ピアノやサックスを続けていた。高校では、吹奏楽部での活動に打ち込む傍、受験勉強をして東京大学に入学。その後電気情報学を専攻し、人間主体の人の心を豊かにする情報技術に興味を持ち、コンピュータを用いたグループワーク支援の研究を行う。人の心を豊かにし、社会にインパクトを与えるものを作りたいと考えていたため、人の可能性を引き出すサービスを生み出しているスローガンに惹かれ、入社を決意した。

眞下 祐輔

眞下 祐輔

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
関東 Incubation Partnerチーム
インキュベーションパートナー

Yusuke MASHIMO
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Kanto Incubation Partner Team
Incubation Partner

東京学芸大学附属高校卒業後、上智大学法学部入学。在学中は大学の強豪テニスサークルに所属し、個人としては学内準優勝、また大学史上初となる関東のサークル8強入りに貢献。新卒で日本生命入社後、ジェーシービーへ転職。何れも営業統括部門にて、KPI設計・管理、管理会計、営業諸施策のアセスメント、経営層への月次レポート等に従事。日本生命時代には大学の採用事務局としても活動。改めて自身のキャリアを見つめ直し、自身の原体験とキャリアのリンク・市場価値向上を企図して接触したスローガンのビジョンに共感し、参画を決意。趣味は、テニス、マラソン、音楽鑑賞、お酒。オフの目標はアイアンマンレース走破。

川村 拓也

川村 拓也

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
部門長

Takuya KAWAMURA
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Manager

高校時代はバスケと応援団に打ち込み、受験に失敗。偏差値38から一浪の末、早稲田大学教育学部に進学。この時の経験から、教育や人のモチベーションに興味を持つようになる。大学ではアメリカ留学などを経験し、卒業後は大手通信教育企業に就職。主に塾などへ子ども向け英語教室プログラムを提案する、新規開拓営業に従事。しかし、大企業で働き続けることへの違和感を覚え、1年半で退職。転職活動時に出会ったスローガンの「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで、新産業を創出し続ける」というミッションに共感し、参画を決意する。

渡邊 恒介

渡邊 恒介

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クリエイティブ部門
部門長
兼 コーポレート部 グループIT担当

Kosuke WATANABE
Potential Acceleration Division
Creative Department
Manager
and Corporate Planning Division Group IT Support

横浜市立大学を卒業後、商業施設の企画/コンサルティングやテーマパークアトラクションの企画開発などに従事。 モノづくりという観点からweb制作系に興味を持ち始め、独学でサーバーサイドエンジニアとしてのキャリアを歩み始める。 立ち上げ時期のweb制作会社への参画や、メール配信サービスの会社で開発、インフラ、CS部門のマネージャーも経験、その後株式会社ドリコムにてブラウザゲームのプロダクト責任者やゲーム開発部門の部長など幅広い業務に携わる。さまざまなフェーズのベンチャーでの業務経験を活かしていける場所としてスローガンを選び、2017年10月に入社。 プライベートでは大学まで続けていたバレーボールを今でも細々と続けている。

伊藤 亮

伊藤 亮

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クリエイティブ部門
グロースチーム
デザイナー

Ryo ITO
Potential Acceleration Division
Creative Department
Growth Team
Designer

中学・高校時代にJR全線完全乗車を達成し、新卒で「シウマイ弁当」の崎陽軒に入社。広報・マーケティング部にてシウマイグッズを企画するなどしていたが、スローガンに勤務する友人から「才能の最適配置」ミッションを強く説かれ、学生時代Goodfind主催のハッカソンに参加していた縁もあり、崎陽軒からスローガンへの転職を決意。得意分野であるデザインの力でミッション実現に貢献したいと、デザイナーとして入社。趣味は多岐にわたるが、中でもスタートレックについて話せる人を日々探している。私立青山学院高中部・大学卒。

植田 悠太郎

植田 悠太郎

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
セールスチーム

Yutaro UEDA
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Sales Team

東京都東大和市出身。多摩地区に位置し東京都であるものの都民にすら認知がされていないベットタウンで幼少期を過ごす。幼いころから、体を動かすことが好きで、小学1年生からサッカーを始める。サッカーを中心した生活を続ける中で、満足な結果を残すことができない日々が続く。高校卒業後、駒澤大学経営学部に入学。その中で、一般的な大学生活に何か物足りなさを感じ。なにか成し遂げたいとキャンピングカーでのアメリカ横断に挑戦。24日間で約8,400Kmを走破した。また、学生中に2社の長期インターンを経験。スローガンも長期インターンとして参画する中で、ミッションや世界観に共感し、18卒として、入社。サッカーはヲタクレベルで好き。

佐野 加奈

佐野 加奈

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クリエイティブ部門
グロースチーム
デザイナー

Kana SANO
Potential Acceleration Division
Creative Department
Growth Team
Designer

子供時代より絵や字を描きポスターや看板をつくることにやりがいを感じる。大学進学時には美術の社会的意義に確信が持てず国際関係学専攻を選択するも、好きなことに向き合わない生き方に行き詰まりを感じ、1年間休学し美術学校でイラストレーション制作を学ぶ。視覚表現に関わることと社会に貢献することの両面が叶うと感じ、2018年11月にデザイナーとしてスローガンへ入社。国際基督教大学教養学部卒業。新潟県出身。

西川 ジョニー 雄介

西川 ジョニー 雄介

FastGrow事業部
部長
兼 編集長

Yusuke Johnny NISHIKAWA
FastGrow Division
Manager
and Chief Editor

就職活動時、将来起業したいという想いを胸に某外資系投資銀行を目指し内定するも、Goodfindのセミナーに参加し「事業を創造する人材になるためには少数精鋭企業で活躍しなければ」と感銘を受け、モバイルファクトリーに新卒として入社。 その後2012年12月、より起業に近い経験を積むため、社員数3名のアッションに入社し、A/BテストツールVWOを活用したWebコンサル事業を立ち上げ、同ツール開発インド企業との国内独占提携を実現。営業、コンサル、マーケティング、広報と職種を問わず事業拡大に尽力し、14年8月には同社執行役員に就任する。順調な同事業だったが、「明日死ぬなら何をするか?」を考えた際に「自分の人生を変えてくれたスローガンの理念を世に広めたい」と強く感じ、メンターとして頼っていた伊藤に入社を直訴。15年7月よりスローガンに参画。

山本 梨紗

山本 梨紗

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
プロジェクトサクセスチーム

Risa YAMAMOTO
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Project Success Team

学生時代はサッカーに明け暮れる毎日を送る(ポジション:GK)。サッカー選手になることを諦めた後、女子サッカーを広めたいという思いから、大学時代にプロスポーツチーム、スポーツメディア出版社でインターン、アルバイトを経験。インターンで経験したサッカースクール業務をきっかけに教育に興味を持つ。大学卒業後は、大手通信会社に就職。約3年間、個人宅への訪問営業で実績を積んだ後、2013年1月よりスローガンに参画。GKとして培ったキャプテンシーと、新規開拓営業を通して培ったコミュニケーション力・調整力を生かし、サービスの品質向上に尽力している。趣味はフットサル、スクワットでお尻を育てること。東京都出身。

遠藤 将臣

遠藤 将臣

FastGrow事業部
デザイナー

Masaomi ENDO
FastGrow Division
Designer

東京都出身。地元公立中学から私立慶應義塾高等学校に入学し、クラスの友人に誘われ未経験ながら蹴球部(ラグビー)に入部。レギュラーこそ叶わなかったが、全国を目指した人生で最も辛い3年間の経験を得る。慶應義塾大学進学後、某ハンバーガーチェーン店でのアルバイトで蓄えた資金を一眼レフカメラ、Photoshopなど、「おもしろい」と感じたことにためらいなく巨額を費やす。アルバイトでも、店舗代表として全国大会出場を果たしていた(全国ベスト9)。家族親戚は皆自営業を営んでおり、サラリーマンとなるイメージがわかず、就職活動時にGoodfind講師と相談する。そこで師と出会いデザイナーとしてスローガンに参画。再び未経験分野に飛び込む。特技は手先を使うこと。

原田 奈津子

原田 奈津子

ポテンシャルインキュベート事業部
クライアントリレーション

Natsuko HARADA
Potential Incubate Division
Client Relations

岡山県出身。幼少期をエジプトで過ごす。慶應義塾湘南藤沢高等部では女子サッカー部所属。慶應義塾大学経済学部卒業後、ライブ企画制作およびアーティストマネジメントに従事。才能ある人材の人生設計において“お金の管理”も必要不可欠と感じ、外資保険会社にてファイナンシャルプランニングスキルを取得。FPとして様々な顧客の人生に対峙する中、人の成長やキャリア形成に寄与することで新産業創出に貢献したいとの思いを強め、スローガン入社。青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム20期修了生。趣味は映画・ドラマ・TEDプレゼン鑑賞、DID(ダイアログ・イン・ザ・ダーク)のようなソーシャルエンタメの発掘、ヨガ、筋トレ。

小滝 大輔

小滝 大輔

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クリエイティブ部門
グロースチーム
エンジニア

Daisuke KOTAKI
Potential Acceleration Division
Creative Department
Growth Team
Engineer

早稲田大学大学院を修了。大学時代は教員を志すも、就職活動中に出会ったインターンをきっかけにソフトウェア開発の面白さに惹かれ、エンジニアに転向。某ITメガベンチャー・某大手企業のSI部門において、主に小売/流通系・人事系の業務支援システムの開発に携わる。才能の最適配置を目指す理念とサービスに社会的意義を見出し、2014年9月よりスローガンに参画。幼少時から大の数好きで、現在も業務の傍ら、数学のエバンジェリストとして需要不明の布教活動を継続中。

栗岡 知也

栗岡 知也

人事・広報部

Tomoya KURIOKA
People Development & PR Division

栃木県出身。東京大学文科1類入学後、中学・高校に引き続きひたすらバレーボールに打ち込む生活を送る。典型的な東大法学部のエリートコースを順調に進み、大学3年次に国家公務員総合職試験を受験し、最終合格するも、公務員としてのキャリアに疑問を抱き、道を踏み外す。2015年にスローガンに参画。個人としてのテーマは"挑戦者たれ"であり、産業創出という観点から、社会に挑戦者を増やし続けることを目指す。特技は、どのコミュニティでも真っ先にいじられキャラになれること。

唐澤 千鶴

唐澤 千鶴

コーポレート部

Chizuru KARASAWA
Corporate Planning Division

東京都出身。日本女子大学人間社会学部を卒業後、流行の最先端が揃う場所で仕事がしたいという想いで百貨店に入社。販売促進部での経験の影響もあり、常にワクワクする面白いものを求め、新しい場所やモノ・コトのリサーチに余念がない。百貨店を退職後、法律事務所での勤務を経て、自らのキャリアを考えていたときにスローガンと出会い、「才能を最適に配置する」という理念に共感して入社。愛想の良さと温厚そうな見た目と違い、毒舌の持ち主。

槙村 美夢

槙村 美夢

ポテンシャルインキュベート事業部
部長

Mimu MAKIMURA
Potential Incubate Division
Manager

慶應義塾大学経済学部に入学後、起業家支援を行う会社で一年間のインターンを経験。ゼロから新たな価値を創造し、それを拡大させてゆく起業という世界の魅力にハマる。「新しい産業・経済システムをつくる起業家たちの組織革新」を掲げるスローガンであれば、より多くの起業家の助けとなれると確信し入社を決意。内定後、インドにてローカルビジネス相手の広告営業に半年間従事した後、スローガン参画。趣味はライブ鑑賞。

水永 政志

水永 政志

社外取締役

Masashi MIZUNAGA
Outside Director

1964年生まれ。東京大学卒。1988年三井物産株式会社入社。1995年米国カリフォルニア大学ロスアンゼルス校経営大学院修士課程修了(MBA)1995年 株式会社ボストン・コンサルティング・グループ入社。1996年ゴールドマン・サックス証券会社入社。2000年株式会社ピーアイテクノロジー(現いちごグループホールディングス株式会社)を設立し、代表取締役就任。2002年スター・マイカ株式会社代表取締役社長就任。 2014年同社代表取締役会長就任。主な著書に「入門ベンチャーファイナンス」(ダイヤモンド社)、「現役経営者が教える ベンチャーファイナンス実践講義」(ダイヤモンド社)がある。また、京都大学、学習院大学非常勤講師として、起業や経営に関する講義を担当。

林田 真由子

林田 真由子

常勤監査役

Mayuko HAYASHIDA
Audit & Supervisory Board Member

2001年慶応義塾大学法学部政治学科卒業。同年、少数精鋭のグローバルカンパニーに憧れ、旭硝子株式会社に入社。工場にて物流・生産計画管理・SCMプロジェクト等に従事した後、東京支店にて法人営業を担当。各地を飛び回りつつ、担当製品の営業統括にも携わる。夫の転勤・妊娠出産を機に退社するも、仕事の面白さが忘れられず、仕事復帰を決意。ある日本発のグローバルベンチャー企業の創業期に、人材面から支援した会社としてスローガンを知り、そのミッションに共感を覚え門をたたく。入社後、長期インターンの事業可能性・社会的意義を感じ、本格事業化を目指し、立ち上げに参画。2018年より常勤監査役就任。2児の母。

松永 和彰

松永 和彰

スローガンアドバイザリー株式会社
エージェント

Kazuaki MATSUNAGA
Slogan Advisory, Inc.
Agent

同志社大学入学後、ストリートダンスサークルにて全国大会を目指し練習に打ち込む毎日を送る。同サークルの会長職引退後、シリコンバレー留学を経て学生団体の立ち上げを行う。新卒で大手メーカーに入社するも大組織の違和感を肌で感じ約10ヶ月で退社。その後、若者のキャリア支援と新産業・新事業の創出を行うスローガンの活動に共感し参画。新卒採用支援部門にて、法人営業・採用コンサルティング業務に従事しトップセールス賞を受賞。営業マネジャーを経験。その後、中途採用支援のスローガンアドバイザリー株式会社立ち上げに参画し、大手企業とベンチャー企業の両方の経験を元にキャリアカウンセリングを実施。滋賀県立膳所高校出身。

菅原 邦弥

菅原 邦弥

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
関東 Incubation Partnerチーム
チームリーダー
兼 シニアパートナー

Kuniya SUGAHARA
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Kanto Incubation Partner Team
Team Leader
and Senior Partner

千葉県出身。県立船橋高校入学後、最初のテストで2点、3点(100点満点中)を取り、クラスメートから胴上げされる。偏差値35から現役合格を目指すも撃沈し、浪人。慶應義塾大学法学部入学後は、塾講師のアルバイトに注力。生徒の人生に向き合い、モチベーションを開発した経験から、現在に繋がる仕事観を形成。新卒で財閥系生保入社後、法人向け研修の営業職に転身。旧態依然とした組織の在り方、働き方に疑問を持ち、代表伊藤のビジョンに惹かれスローガンに参画。モットーは人の強みを活かすこと。家族、バレーボール、沖縄が好き。

大鹿 修生

大鹿 修生

スローガンアドバイザリー株式会社
エージェント

Shusei OSHIKA
Slogan Advisory, Inc.
Agent

1993年、静岡県浜松市の田舎に生まれる。周囲を山、湖、田んぼに囲まれた素晴らしい自然の中で育ったが、昔に触りすぎたのか今は虫が苦手。浜松日体高等学校卒業後は幼少期よりパイロットを志していたこともあり、英語を勉強するために上智大学文学部英文学科へ入学。その後、様々な国の人と関わりたい思いでカナダへ約一年留学し、カナダの航空会社でインターンを経験。新卒でパイロットの採用試験に落ち、三井不動産リアルティ株式会社へ入社。しかしパイロットへのあこがれが再燃し、再挑戦するも再び失敗。転職活動中に「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで、新産業を創出し続ける」というミッションに共感し、スローガンに参画することを決意。

野島 繁昭

野島 繁昭

ポテンシャルアクセラレーション事業部
アーリーポテンシャル部門

Shigeaki NOJIMA
Potential Acceleration Division
Early Potential Department

東京都出身、私立武蔵高校卒業後、早稲田大学理工学部電気・情報生命工学科に入学。特待生として大学に入学するも、勉強・サークルだけの日々に物足りなさを感じ、Change For Japanパートナー、VOICE副代表など、プロフェッショナルボランティアの普及活動などに取り組む。その後、スローガンに参画。第5号発行のOB・OGガイドブック(現・Goodfindキャリアマガジン)の学生チームリーダーとして活動後、大学院を中退し入社。メディアプロデュースDiv.のマネジャーを経て、2011年秋より京都支社を立ち上げ京都支社長に就任し、2014年6月より東京本社に帰任。

赤井 雄介

赤井 雄介

スローガンアドバイザリー株式会社
エージェント

Yusuke AKAI
Slogan Advisory, Inc.
Agent

大阪生まれ、兵庫育ち。幼少期を、アメリカ・ボストンで過ごす。兵庫県六甲学院高等学校卒業後、早稲田大学政治経済学部に入学。当時は医者を目指していたが、浪人期間を経ても夢が叶わなかった。早稲田に入学し、当初は目標を見失っていた中で、ボクシングに出会う。体育会ボクシング部に入部し、チームの主将・兵庫県代表・後楽園ホールでの試合を経験する。新卒では、テラドローン株式会社にインターンを経て入社。スタートアップ企業にて、一年目から、日本全国・オーストラリアを飛び回った。外資系保険会社勤務の後に、野心溢れるベンチャー企業の経営者と一緒に仕事すべく、スローガンにジョイン。趣味は、バスケ・NBA観戦、バイク、スケボー、将棋・麻雀、断捨離。

吉川 翔子

吉川 翔子

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クリエイティブ部門
グロースチーム
エンジニア

Shoko YOSHIKAWA
Potential Acceleration Division
Creative Department
Growth Team
Engineer

京都府宇治市出身。中学受験をし、同志社中学に合格。そのまま同志社高校、同志社大学理工学部インテリジェント情報工学科に進学。GPUを用いたMASのライブラリを研究する。教育に興味があったため、ものづくり教室で小学生にはんだづけやアルゴリズムを教えたり、Webプログラミングを教えるアルバイトを行っていた。同学科の女子の多くがSIerを目指す中、時間や場所に囚われにくいプログラマがより女性のライフスタイルに合っていると考えるようになる。プログラマの良さを伝えることで人の人生の選択肢を広げられると考え、スローガンにて活動ができる可能性を感じ入社する。

設楽 晴美

設楽 晴美

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クリエイティブ部門
グロースチーム
エンジニア

Harumi SHITARA
Potential Acceleration Division
Creative Department
Growth Team
Engineer

群馬県出身。大学卒業まで群馬で過ごし、就職を期に上京する。転職活動の際にスローガンのサービスを利用するうち、スローガンの「才能の最適配置」というミッションに共感しそのまま入社を決意。子供の頃からものづくりが好きで、作れそうなものはとりあえず作ってみる性格。ただし失敗することも多数。

小林 明日香

小林 明日香

ポテンシャルアクセラレーション事業部
カスタマーサクセス部門
オンラインナーチャリングチーム

Asuka KOBAYASHI
Potential Acceleration Division
Customer Success Department
Online Nurturing Team

兵庫県出身。幼少期よりソフト、テニス、ピアノ、アカペラ、絵画など幅広く興味を持ち好奇心旺盛に物事に打ち込んでいた。法政大学入学後、「昔、ゲームで見ていたような異世界を見てみたい」と次第に思うようになり、暇さえあれば旅行に出かけていた。次第に旅行にこだわる気持ちが強くなり、大学卒業後は大手旅行会社へ入社。入社後は旅行商品の販売からヨーロッパ方面のパッケージツアーの企画・手配に従事。旅行商品を販売していく中で、BtoCでの一方向による販売だけでなく、人の人生にもっと深く関わっていきたいと思うようになり転職を考える。スローガンの人材に関するドメインの正確さ、ミッションに共感し2019年4月に入社。休日は旅行(主に秘境)か、お酒。旅行は絶対一人では行けない寂しがり屋。

徳冨 美紀

徳冨 美紀

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
セールスチーム

Miki TOKUTOMI
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Sales Team

熊本県出身。幼少期は鹿や野ウサギが出没するような田舎でのびのびと育つ。好奇心旺盛でフルマラソンや登山、ダイビングなど興味を持ったら即行動。大学時代は教員を目指し教員関連のボランティアなどに積極的に参加する傍ら、中小企業と就活生を繋ぐイベント運営を行う活動を通し、ビジネスを通じた社会貢献に強く興味を持つ。新卒で入社した会社で、広告代理店事業の新規立ち上げに参画。法人営業に従事し、MVPを受賞。その後スタートアップ企業にて、営業職のキャリアを積んでいく中で「才能の最適配置」というミッションに強く共感し、スローガンへの入社を決意。趣味は旅行、筋トレ、読書。

加藤 拓也

加藤 拓也

スローガンアドバイザリー株式会社
エージェント

Takuya KATO
Slogan Advisory, Inc.
Agent

1989年(平成元年)生まれ。早稲田大学法学部卒業後、インターンシップに参加した野村不動産株式会社へ2012年新卒入社。配属面談で関西エリアを希望し、住宅営業に従事。関西にいた約6年の内、神戸~京都まで、様々なエリアを担当させていただき、5年間・江坂の社宅・1年間・難波のシェアハウスに住みながら、関西の街を楽しみ尽くした。関西エリア配属を希望するきっかけとなった大好きな「京都」の物件を、物件責任者として完売させたことをきっかけに、転職活動を開始。新卒の頃から興味があった「転職エージェント」という仕事にチャレンジすることを決意し、転職活動の中で、新卒の就職活動でお世話になった「スローガン」と再会し、入社を決意。早稲田大学高等学院出身。

若林 祐次郎

若林 祐次郎

ポテンシャルインキュベート事業部

Yujiro WAKABAYASHI
Potential Incubate Division

東京都出身。高校のサッカー部、大学のサークル活動で周囲の巻き込みに苦労し、正論だけでは人は動かないと悟る。大学卒業後、人を動かす力を身に付けたいと思いコンサルティングファームに入社。FinTechや不動産Techの調査分析プロジェクトや新規事業立案プロジェクトなどを経験。プロジェクトの中で熱い想いを持った起業家の世界を垣間見、人の原動力は熱中出来る対象を見付けることによって生まれると確信。自分の価値観に素直になり、自分の可能性を信じられる人を増やしたいと考え、スローガンに参画。趣味はライブ鑑賞とデートプランを考えること。

永峰 剛志

永峰 剛志

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クリエイティブ部門
グロースチーム
エンジニア

Tsuyoshi NAGAMINE
Potential Acceleration Division
Creative Department
Growth Team
Engineer

中学・高校と剣道に打ち込み三段を取得するも、剣道だけ続けて社会人として大成するビジョンが描けず、大学では剣道を辞めWeb制作の長期インターンに参画。身に付けた技術を活かし、個人事業を開業。その傍ら、趣味のオンラインゲームで全国3位を獲得。就職活動をするも違和感を覚え、就職の道から逸れてWebサービスでの起業に参画。サービスを立ち上げている中で「今創っているような、イノベーティブなサービスが産まれ続ける世界にしたい」という想いから、スローガンへの参画を決意。趣味はガジェット収集とプログラミング。

織田 一彰

織田 一彰

ポテンシャルアクセラレーション事業部
アーリーポテンシャル部門

Kazuaki ODA
Potential Acceleration Division
Early Potential Department

アンダーセン・コンサルティング (現・アクセンチュア)にて、上場企業を中心に数々の企業のコンサルティングに従事。専門分野は、新規事業の展開、経営管理制度の刷新、マーケティング戦略、情報化戦略など。その後独立し、複数のインターネット ベンチャー企業の立ち上げから育成に関わる。その間、いくつかの事業を立上げ、買収または売却し、上場企業の役員を経て、複数の会社の経営をおこなうと同時に、スローガン取締役に就任。現在、成長企業向けに人事を中心としたコンサルティング及び、個人向けのキャリアアドバイザリーも行う。セミナー講演実績多数。2011年後期より、名古屋大学客員教授にも就任。

井手 遥香

井手 遥香

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
関西 Incubation Partnerチーム
インキュベーションパートナー

Haruka IDE
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Kansai Incubation Partner Team
Incubation Partner

2013年同志社大学法学部卒業後、人の人生に関わる大きなモノを売りたいという想いで大手住宅メーカーに入社し5年間のコンサルティング営業の経験を積む。妊娠出産を経て職場復帰し営業を続けるも、働き方を変えてより自分らしくキャリアを積みたいと考え、転職を決意。才能の最適配置という理念に共感し、スローガンにジョイン。好きな物は、テニス・ゴルフ・ドラム。京都生まれ京都育ち、6年間女子校生活。パワフルユニークママになりたいと思っている。

今村 壮志

今村 壮志

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ウエストビジネス部門

Soshi IMAMURA
Potential Acceleration Division
West Business Department

熊本県出身。明治大学政治経済学部在学中に1年間英国留学した際、日本を外側から見ることでこの国の魅力に気づいたことが原体験となり、世界に誇れる日本企業を増やす支援がしたいと、卒業後メガバンクに入行。その後、仕事に理想と現実のギャップを感じている中でリクルートと出会い、理念に共感し勢い転職。日本を代表する大手企業に対する新卒・中途採用の提案営業、ブライダル領域の営業リーダー・マネジャー、企画職などに従事。上記の原体験に基づく目的意識を持ち続ける中で、「才能の最適配置による新産業の創出」という当社のミッションに共感し、スローガン参画を決意。趣味は旅とお酒。これまで25か国以上を旅した経験を持つ。

川村 直道

川村 直道

ポテンシャルアクセラレーション事業部
カスタマーサクセス部門
部門長

Naomichi KAWAMURA
Potential Acceleration Division
Customer Success Department
Manager

東京都出身。私立海城高校卒業後、早稲田大学創造理工学部に進学し、社会環境工学科にて橋梁の構造設計・解析を専攻。在学中はホテルでのアルバイトで接客を重ね、ホスピタリティを磨く。自身の就職活動時、周りの理系学生がみな同じ進路をとっていくことに疑問を感じ、そういった流れを変えたいと決意。才能の最適配置を実現するためスローガンに入社する。趣味は映画を観ること。週末は映画館かケーブルテレビの前にいる。

鹿嶋 亮佑

鹿嶋 亮佑

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
関東 Incubation Partnerチーム
インキュベーションパートナー

Ryosuke KASHIMA
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Kanto Incubation Partner Team
Incubation Partner

北海道のほぼ真ん中、上富良野町出身。兄の影響で幼少期から高校まで野球に打ち込む。大学入学直後は遊びに明け暮れるも「何か力をつけたい」と思い、秋からベンチャー企業で長期インターンを始める。インターンの傍ら、学生団体の活動や友人とイベント開催などを通じて「学生のキャリア形成」に興味を持つ。そんな中、大学3年の夏に「就活をする前に一度働きたい」と思い、1年間の休学を決意。その後1年間はスタートアップ企業やミドルベンチャーでフルコミットで働く。自分が持つ「若者のキャリア形成」に対する課題感とスローガンのミッションに共通点を見つけ、参画を決意。最低週2回はジムに通う。同志社大学法学部卒。

吉村 真裕子

吉村 真裕子

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
関西 Incubation Partnerチーム
インキュベーションパートナー

Mayuko YOSHIMURA
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Kansai Incubation Partner Team
Incubation Partner

大阪府羽曳野市出身。中学、高校とソフトテニスに打ち込む。なぜか元々実力が自分より上のパートナーと常に組んでしまう運命に悩む。この経験が何としても食らいつく負けず嫌い精神を形成したと思われる。早稲田大学入学後はアルティメット同好会でキャプテンを務め、万年2番手ポジションからの脱却を果たす。自分が気づいた魅力を世の中に発信したいという思いでスポーツ量販店に新卒入社し、販売員、店舗マネジメント、本社異動してからは念願のWebマーケティングに携わったのち、200店舗に対し、陳列・ディスプレイに関する指示の業務に携わった。働く時間の重みに気づき、少しでも無駄のない時間を送って生きたいと考えるようになり、自分のキャリアを見直し、スローガンのミッションに深く共感し、入社。

中川 紘平

中川 紘平

社外監査役

Kohei NAKAGAWA
Outside Auditor

1977年生まれ。TMI法律事務所パートナーを経て、独立しNEXAGE法律事務所を設立。2002年第一東京弁護士会弁護士登録。2014年ニューヨーク州弁護士登録。東京大学法学部卒業。ペンシルベニア大学ウォートンスクール経営大学院修士課程修了(MBA)

玉置 彩季

玉置 彩季

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クリエイティブ部門
グロースチーム
エンジニア

Saki TAMAOKI
Potential Acceleration Division
Creative Department
Growth Team
Engineer

中学校の入学祝いにPCを貰い、勉強や部活動に精を出す一方で空き時間のほとんどをPCに触れることに費やす。その結果、タイピングの全国大会へ出場を果たす。その後、仙台高等専門学校情報システム工学科に入学。自分の作りたいものを実現できることに喜びを見出す。同校情報電子システム工学専攻に進学後、新製品の企画・開発やiOSアプリの開発を行うインターンシップに参加。卒業後はインターンシップで獲得した入社パスを行使し、大手企業向けソフトウェアメーカーに入社。新製品の開発やバックオフィスに携わった後、退職し自らのキャリアを考える。「人の可能性を引き出し才能を最適に配置する」というミッションに共感し入社。

江原 準一

江原 準一

社外監査役

Junichi EHARA
Outside Auditor

2006年、株式会社サンフィニティーに入社。経営管理本部長として上場準備に携わる。2008年、株式会社リブセンスに入社し、管理部門の業務フローを構築するとともに、監査法人・証券会社等の対外的な折衝など、上場準備に従事。2010年、同社常勤監査役就任。株式上場に向けた監査体制を構築し、2011年東証マザーズへ株式上場、2012年東証一部への市場変更に対応する。2013年より株式会社クラウドワークス 社外監査役就任。

佐々木 和徳

佐々木 和徳

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門

Kazunori SASAKI
Potential Acceleration Division
Human Capital Department

千葉県千葉市出身。中央大学理工学部卒業後、優良企業の収益メカニズムを学ぶこと、またビジネスパーソンとしての基礎を徹底的に学ぶ目的で、株式会社キーエンスに入社。その後、株式会社キャリアデザインセンター、株式会社エス・エム・エス(2015年1月よりエス・エム・エスキャリアへ転籍)を経て、「人の可能性を引き出し、その才能の最適配置を通じた新産業を創出」というミッションに共感し、2018年2月からスローガンへ参画。「世の中の役に立つことこそ自らの存在意義である」ということを自らのベースの価値観とし、関わる人の幸せや日本の未来を明るくすることに貢献することを人生の目的として考えている。2017年3月、グロービス経営大学院経営研究科経営専攻を卒業。

秋間 葉子

秋間 葉子

コーポレート部

Yoko AKIMA
Corporate Planning Division

神奈川県出身。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、メガバンクへ入社し、都内某支店で主に法人営業を経験。入社後1年半程で自身と貸金業との相性に疑問を感じていたところ、大学同期が立ち上げたITベンチャーに誘われ社員1号として参画。その後約9年間、一人でバックオフィスを担い、経理、財務、労務、人事、採用、法務、総務等、一通りのバックオフィス実務を経験。更なるチャレンジを、と新たなフィールドを探していたところにスローガンと出会う。個性的な経歴を持つメンバーが揃う同社には、外から見ているだけでは分からない魅力があるに違いないという直感の下、2017年10月に入社。特技は釣り船の操縦。

井口 祥子

井口 祥子

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
関東 Incubation Partnerチーム
インキュベーションパートナー

Shoko IGUCHI
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Kanto Incubation Partner Team
Incubation Partner

兵庫県神戸市出身。県立長田高校を卒業後、一浪して一橋大学社会学部に入学。新卒では、大手人材サービス会社に入社。人材派遣の営業部門に配属となり、法人営業や派遣スタッフのフォロー業務に従事。人材業界で働く中で学生時代から抱いていたキャリア教育への想いが再沸騰し、自分のキャリアを見つめなおす。そんな折にスローガンと出会い、「才能の最適配置」「もうひとつの大学」という理念に共感し入社を決意。また幼少期から絵・音楽・ダンスなど表現することが大好きで、特に学生時代に出会ったジャズダンスは現在も休日の楽しみのひとつ。

谷口 典子

谷口 典子

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
関東 Incubation Partnerチーム
インキュベーションパートナー

Noriko TANIGUCHI
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Kanto Incubation Partner Team
Incubation Partner

大阪府出身。同志社大学卒業後、教育への強い想いから教育業界へ就職。その後キャリア支援に興味を持ち、株式会社エス・エム・エスへ転職(後にエス・エム・エスキャリアへ転籍)、医療従事者向け人材紹介に営業として従事した後、人事へ異動。採用担当として1年半で約1300名を面接、創業以来最多人数の採用を果たす。教育・人材紹介・人事のそれぞれ経験の中で、HR領域で社会に貢献していくことの意義を改めて感じ、人とキャリアと教育の軸で自身が最大に価値貢献できる新たなフィールド探し始めた頃、スローガンの存在を知る。「人の可能性を最大に引き出す」「もうひとつの大学をつくる」という理念に共感し、参画を決意。

本間 政裕

本間 政裕

ポテンシャルアクセラレーション事業部
カスタマーサクセス部門
オンラインナーチャリングチーム

Masahiro HONMA
Potential Acceleration Division
Customer Success Department
Online Nurturing Team

埼玉県出身。小中学校時代は野球、高校大学はソフトボールに打ち込む。中央大学総合政策学部に進学し、体育会ソフトボール部でチームの精神的支柱として活躍。スポーツのように目標に対して夢中になれる働き方を追い求め、卒業後は設立まもないスタートアップに新卒で飛び込む。2年間に渡りサービスの立ち上げからグロースに没頭し、マーケティングや営業などの幅広いスキルを身につける。企業のブランドや知名度ではなく、自分の価値観に従って人生を選択する人を増やしたいという思いからスローガンに入社。

園田 武士

園田 武士

FastGrow事業部
デザイナー

Takeshi SONODA
FastGrow Division
Designer

愛知生まれ、神奈川育ち。小学校から高校生までサッカーに明け暮れる学生生活を送る。高校卒業後、「ITっておもしろそう」という理由だけでHAL東京に入学。専門学生時代のインターンで経験した、サッカークラブのコーチをきっかけに「教育」「成長のサポート」に教育に興味を持つ。専門学校卒業後は、制作会社に勤めるが「本当に人の為になっているのか」と違和感を覚え、転職活動をを始める。その中でスローガンに出会い、「才能の最適配置」というビジョンや、働く社員の方々に惹かれ、2018年11月に入社。趣味は映画とお酒。

石原 有紗

石原 有紗

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ポテンシャルエンジニアチーム
チームリーダー

Arisa ISHIHARA
Potential Acceleration Division
Potential Engineer Team
Team Leader

神奈川県出身。高校卒業後浪人して偏差値を10以上上げ、横浜国立大学理工学部に進学。情報工学を専攻。大学では飲みや遊びといった「普通」の日々に飽き、2年時より教育系ベンチャーでwebマーケティングのインターンを開始。1年半ほど本気でコミットし、ビジネスの面白さに目覚める。4年からはEVの走行ログデータベースの研究に従事するも、インターンで経験した成長速度と社会貢献感が忘れられず、夏に院進を取り止めて就活を開始。スローガンのビジョンに共感し、入社を決意。趣味はピアノとお酒、F1観戦など。好きな食べ物はいちご。

信田 将司

信田 将司

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ワイドエリアポテンシャルチーム
チームリーダー

Masashi NOBUTA
Potential Acceleration Division
Wide-area Potential Team
Team Leader

東京都出身。私立成城高校卒業後、一浪の末、明治大学に入学。大学では税理士の勉強と、高校から始めた硬式テニスに打ち込む。新卒では監査法人の子会社に入社、社員研修の営業・研修講師・事業開発に従事する。10,000人以上の受講者に対して研修講師を行う中で、社会人として必要なスキルを早い段階から身につけることの重要性を感じ始める。その時に偶然スローガンと出会い、企業理念と事業に共感し、参画を決意。趣味は今でも続けているテニスと晩酌に焼酎を飲むこと。

佐藤 郁馬

佐藤 郁馬

コーポレート部

Ikuma SATO
Corporate Planning Division

神奈川県出身。早稲田大学法学部を卒業後、2013年、慶應義塾大学法務研究科に進学。法学の勉強を進めているうち、法曹の道を進むよりも会社実務を経験したいと考えるようになり、大学院を退学し民間企業に就職する。企業法務を中心とした管理業務に従事する中で、組織の発展・拡大に携わりたいと考えるようになり、友人の紹介を経てスローガンと出会う。自己がキャリアを通して社会的意義を見出せる絶好の機会と考え、2017年11月に入社。

渡辺 浩史

渡辺 浩史

事業推進室
部長
兼 ポテンシャルアクセラレーション事業部 クライアントリレーションズ部門 セールスチーム

Hiroshi WATANABE
Business Promotion Division
Manager
and Potential Acceleration Division Sales Team
Client Relations Department

神奈川県小田原市出身。中学高校と地元の公立学校で軟式テニスにひたすら打ち込む。2011年、早稲田大学商学部を卒業。大学3年次より損害保険研究のゼミに所属し、流れに身を任せ、損害保険ジャパン日本興亜に入社。約4年間、個人・企業営業に従事。大手企業に属する中で、より裁量の大きなフィールドで、世の中にインパクトを与える仕事がしたいと考えるようになり、転職活動を開始。スローガンの掲げる「才能の最適配置」というビジョンに深く共感し、入社を決意。

中島 織文

中島 織文

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
部門長

Shimon NAKAJIMA
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Manager

兵庫県出身。三田学園中学・高校卒業後、大阪市立大学法学部に入学。大学3年のときから、友人の立ち上げたベンチャー企業に参画。卒業後、大手企業をメインターゲットとした人事・採用コンサルティング企業に入社し、3年目には大阪支店の立ち上げメンバーとして営業から納品まで全てを実施。 その後、日本の教育に課題を感じ、「もうひとつの大学をつくる」という理念のもと 学生のキャリア支援と新産業・新事業の創造を目指すスローガンに共感し、2013年9月に入社。2014年4月から関西エリアのマネージャー、2016年10月より東京本社にてヒューマンキャピタル部門の部門長を経て、現職。趣味はお酒を飲むこととキャンプ。ビールを飲み始めると止まらない。

鈴木 直人

鈴木 直人

チームアップ株式会社
リードエンジニア

Naoto SUZUKI
TeamUp, Inc.
Lead Engineer

埼玉県出身。子供の頃から何かを作り出すことが楽しいと感じる性格。高校2年で、受験勉強に意義を見出せなくなる。しかし、高校3年のときにマインクラフトを知り、プログラミングを始める。大学では、ソフトウエア工学を学びつつ、サークルを通してハッカソンや競技プログラミングに触れる。また、大学3年からスキル実践のためインターンシップを始め、最終的には、「世の中に隠れている価値をエンジニアリングによって掘り出したい」という気持ちが強くなり、そのためのスキルを習得中。

高野 優海

高野 優海

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
関東 Incubation Partnerチーム
インキュベーションパートナー

Yumi TAKANO
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Kanto Incubation Partner Team
Incubation Partner

教師である両親のもとTHE・優等生として育ち、大学入学まで典型的な王道ルートを突き進む。しかし大学3年次に自分の生き方に強い不安と疑問を感じ、休学。「せっかくだし一番キツそうなことやろう」という思いから単身ベトナムへ渡り、社員数3名の企業にインターンとして参画。ベトナムの雑踏をバイクで駆けずり回りながら働くこと1年弱、今までの価値観が(いい意味で)崩壊する。帰国後、社会起業家を支援するNPO法人でのインターンを経て、「日本を元気にする」「志を持って仕事をする人と共に働く」「若者のキャリアに対してアプローチする」という自身の希望すべてが満たされるスローガンと出会い、参画を決意。神奈川県出身。早稲田大学文化構想学部卒業。

近藤 真由

近藤 真由

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
プロジェクトサクセスチーム

Mayu KONDO
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Project Success Team

静岡県出身。高校時代は定期考査で好成績を維持する一方でテニス部の部長を務め、持ち前の姉御気質とリーダーシップを発揮する。慶應義塾大学商学部に入学後、学生団体の先輩からGoodfindを教えてもらいスローガンを知る。「才能の最適配置」「新産業の創出」といった理念に共感して2年の夏からジョイン、三島から新幹線通学をしながらも仕事に没頭する毎日を過ごす。3年の春には、一転して学部で一番忙しいと評判の研究室に入り、大学に入り浸るも、ビジネスの現場のスピード感と楽しさを忘れられず、半年でインターンへ復帰。インターンとしてのジョインから約2年を経て、スローガンへ入社。

狭間 史来

狭間 史来

ポテンシャルアクセラレーション事業部
カスタマーサクセス部門

Mirai MITANI
Potential Acceleration Division
Customer Success Department

三姉妹の次女として生まれる。2歳上の姉を10歳に成る頃には態度のでかさと頭脳で抜き去り、4歳下の妹にはしっかりと睨みをきかせ、頂点に君臨。泣く子もドン引く仲の良さ。高校まで東京で育ち、大学(北海道大学工学部)卒業後、渡仏。「古城買って、生涯一人暮らししたいなあ」などと思っていたが、かくかくしかじか帰国し就活。「スローガンでなら効率的に社会を良くできる」と思い入社を決意。

小原 由花子

小原 由花子

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
関東 Incubation Partnerチーム
シニアパートナー

Yukako KOHARA
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Kanto Incubation Partner Team
Senior Partner

佐賀県出身。大学卒業後は、大手保険代理店の営業部でキャリアを積む。コーチング研修を受け、営業の現場で実践した経験から、人の配置や人材育成に関心を持つ。ある日突然決意し、世界の人のワークスタイルや仕事に対する価値観を知るため、会社を休職し、海外へ飛ぶ。世界22カ国を周り、各国でインタビューを行う。帰国後、生涯のキャリアを通じて、イキイキと働く人を増やし、「人」によって企業の成長に寄与したいと思い、スローガンに参画。特技は、乗馬と、どこででも寝れること。慶応義塾大学文学部卒業。

福薗 一之進

福薗 一之進

ポテンシャルアクセラレーション事業部
カスタマーサクセス部門
オフラインナーチャリングチーム

Kazunoshin FUKUZONO
Potential Acceleration Division
Customer Success Department
Offline Nurturing Team

1988年東京都に生まれる。父親の仕事の都合で幼少期に2年ほど長野県に住むが、その後千葉県船橋市で社会人になるまでを過ごす。高校時代は一切勉強をせず一浪した後、上智大学経済学部に入学。新卒でコンサルティング会社に入社し、香川県で4年、長野県で1年、東京都で1年仕事をした後に自分の将来のありたい姿を考え転職を決意。転職活動を進めていく中で、仕事内容と「才能の最適配置」という言葉に惚れ込み2017年10月スローガンに入社。特技は食べること。趣味はバドミントン、バレー、バスケ、フットサルなどスポーツ全般と漫画を一気に読破すること。

不破 健富

不破 健富

スローガンアドバイザリー株式会社
エージェント

Kento FUWA
Slogan Advisory, Inc.
Agent

群馬県桐生市生まれ。小・中・高と少林寺拳法に打ち込む。法政大学法学部へ進学後、ビッグバンドジャズの世界にのめり込み、バリトンサックスの練習に明け暮れ、サークルの代表を務める。新卒で帝国データバンクに入社、中小企業の経営支援のコーディネート業務に従事する中で企業の経営により近くで携わりたいと感じるようになり、高校の先輩経営者に弟子入り。取締役に就任し、バックオフィス業務の統括業務を担う。その後、スローガンの「人の可能性を引き出し 才能を最適に配置することで 新産業を創出し続ける」というミッションに共感し、参画を決意。もうひとつの顔は少林寺拳法の指導者として、小学生から社会人まで幅広い年齢層の指導を行っている。

亀井 杏一郎

亀井 杏一郎

ポテンシャルインキュベート事業部

Kyoichiro KAMEI
Potential Incubate Division

神奈川県横浜市出身。趣味は温泉巡り、大道芸鑑賞。中、高、大、浪と4度の入試を経験。中高とテニス部に入部するも、幽霊部員となる。東京学芸大学附属高校卒業後、早稲田大学に入学し、そろそろ何か為さねばと強豪の基礎スキーサークルに入部。幹事長として部を全国優勝に導くが、留年が確定。時間が余ったので怪しい営業系の長期インターンに参画した結果、社会の闇を知り、「正しい価値を正しく提供する」ことの重要性を学ぶ。その後コンサルティングファームから内定を得るも、就活でお世話になったスローガンにインターン生として参画。社員のように毎日働く中で、スローガンが持つ意義と環境に惹かれ、そのまま新卒入社に至る。

杉村 侑里

杉村 侑里

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クリエイティブ部門
グロースチーム
デザイナー

Yuri SUGIMURA
Potential Acceleration Division
Creative Department
Growth Team
Designer

千葉県出身。兵庫、鎌倉で幼少時を過ごす。絵を描くことに関心があり、美術、ものづくりに関わる仕事に就くためにデザインの領域を学ぶことを決意。多摩美術大学グラフィックデザイン学科に進学する。学外活動ではイラストレーションを描き、学内においてはタイポグラフィの研究に注力した。周りの学生がデザイン会社、広告代理店を目指す中、ビジネスにより近い人たちに自身のデザインを説明出来る責任能力を身に付けたいと思い、様々な職種の人たちが身近にいる企業に就きたいと考える。ベンチャー企業も視野にいれる中、スローガンと出会い入社を決意した。

北村 貴寛

北村 貴寛

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ウエストビジネス部門
部門長

Takahiro KITAMURA
Potential Acceleration Division
West Business Department
Manager

1990年2月新潟県に生まれる。中学校時代の修学旅行で京都に魅せられ、京都大学入学を決意。一浪の後、京都大学経済学部に入学。学生時代は1回生時にアメフト部に所属したものの、2回生から高校まで力を入れていた硬式野球部に転部し副将を務める。2013年4月に伊藤忠商事に入社し、IT関連の部署にてIT機器の輸入業務や、米国クラウドサービスの国内展開・事業開発に従事。偶然にも、新卒の就職活動時にユーザーとして利用していたスローガンが伊藤忠商事の目の前にあったことからスローガン社員と再会。社員との交流を続ける中で、会社の掲げるビジョンと仕事内容に共感し、参画を決意。趣味は飲み歩き。

古賀 智尋

古賀 智尋

スローガンアドバイザリー株式会社
エージェント

Chihiro KOGA
Slogan Advisory, Inc.
Agent

福岡県出身。チャレンジ精神旺盛な性格で、学生時代様々な運動競技を経験。中でも陸上・槍投げ経験はよく驚かれる。同志社大学在籍中は自治寮の寮長を務めつつ、バイトを4つ掛け持ち。NPO法人にも所属し、海外ボランティア等も行っていた。新卒では「多くの方と出逢い、人生の転機に関わることができる」人材業界に魅力を感じ、リクルートグループに入社。一貫してCAとして従事し、MVP受賞等も経験。「一エージェント」としてだけでなく「一人の人」として、ご相談頂く方々のキャリアに向き合うスタンスを大事にしている。その後そのスタンスを体現しつつ、より幅広い領域の方々のご支援ができると感じたスローガンへの参画を決意。プライベートでは、ドラマ鑑賞と友人とお酒を飲んでいる時間が最高に幸せ。

小泉 誠

小泉 誠

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
セールスチーム

Makoto KOIZUMI
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Sales Team

茨城県出身。浦和学院高校卒業後、慶應義塾大学文学部に進学。高校時代は日本一厳しいと言われる浦和学院野球部で心身を鍛え上げ、持ち前の勝負強さを発揮して同部から初めて慶應義塾大学への進学を果たす。就職活動では体育会野球部の同期が大手有名企業に就職する中、スローガン社長の伊藤と出会い、会社に入ってからのビジョンがなく内定がゴールになっている就職観に疑問を抱き始める。次第に野球をするように夢中になって自分を高められる働き方がしたいと思うようになり、異例のベンチャー就職を決断。

金子 歩美

金子 歩美

人事・広報部
部長

Ayumi KANEKO
People Development & PR Division
Manager

2008年に慶應SFC卒業後、Ferrari,Maseratiなどを商材とする外資系企業にて人事・マーケティングなどを経験。その後2011年にレバレジーズ株式会社に転職、社員数50名規模から400名規模になるまでの間、約4年間新卒採用の責任者を担い、120名を採用。無名のベンチャーからの採用ブランディング、採用戦略の立案・実務までを経験。2015年に友人紹介にて株式会社ディー・エヌ・エーに入社し、事業部付広報部署の立ち上げを行う。同社のゲーム事業のブランディング、各サービス広報に関わる。2017年7月よりスローガンに入社。趣味はお酒、料理と食器集め。

西 香波

西 香波

チームアップ株式会社
デザイナー

Kanami NISHI
TeamUp, Inc.
Designer

立教大学経営学部卒業。在学中は、リーダーシップやチーム開発を実践の中で学んでいくPBL型の授業に面白さを感じ、学生アシスタントとして授業の企画・運営などを行う。ビジネス職志望で就職活動を試みるものの、自分の理想のキャリアではないことに気がつき、就職活動を中止。小さい頃に好きだったものづくりをどうにかして仕事にしたいと思い、デザインやプログラミングの勉強を始める。人の可能性に投資する姿勢を貫くスローガンに魅力を感じ、約1年のインターンを経て、2017年4月にデザイナーとして入社。

清水 健人

清水 健人

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ワイドエリアポテンシャルチーム

Kento SHIMIZU
Potential Acceleration Division
Wide-area Potential Team

兵庫県神戸市出身。兵庫県立星陵高校を卒業後、関西学院大学商学部に入学。大学では税理士を志し、商学部傘下団体である会計研究会に所属するも部長として活動するうちに自身の興味関心が会計よりも「人」領域で「社会課題の解決」をすることにあることに気づき、新卒ではリクルートグループの人材系グループ会社に入社。事業開発部で新規開拓営業及び経営企画部で法務部門を経験したのち、スローガンの「人の可能性を引き出し、才能を最適に配置することで、新産業を創出し続ける」というミッションに共感し、参画を決意する。モットーは「自分の“心”に従って、生きる!」また、ジーンズを愛するあまり「ジーンズソムリエ」という資格を持つ。

福田 健太

福田 健太

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
セールスチーム

Kenta FUKUDA
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Sales Team

栃木県宇都宮市出身。横浜市立大学卒業後、大手総合人材企業に新卒入社。新規立ち上げ部署に初の新卒として配属、以降二年間若年層特化型人材紹介サービスの営業職を担当する。全社表彰を受けるなど営業職として着実なキャリアを踏んでいく中で、人材サービスにおける理念・ビジョンの重要性を意識するようになる。順調に進む仕事とは裏腹に会社のあり方に疑問を持つ時間が増え、退職を決意。一時は人材サービスそのものから離れることを考えるものの、スローガンには「才能の最適配置」という理念へ深く共感し、入社を決意する。趣味はサッカーとミュージカル鑑賞。

郡司 あすか

郡司 あすか

ポテンシャルアクセラレーション事業部
カスタマーサクセス部門
オフラインナーチャリングチーム

Asuka GUNJI
Potential Acceleration Division
Customer Success Department
Offline Nurturing Team

幼い頃から表現することが好き。チアダンスとヴァイオリンを現在も続ける。温かくのんびりした街で生まれ育つ。2011年に立教大学文学部入学。放送研究会に所属し、皆でひとつのイベントをつくる喜び、司会などで「伝える」楽しさを感じる。大手IT企業の人事部にて2年8ヶ月間勤務後、スローガンに出会う。ビジョンに共感したこと、何よりも社員の方に魅力を感じてすぐに入社を決意。出会う方1人1人から多くのことを学び、スローガンという新しい舞台で、まっすぐひたむきに努力していきたい。好きな言葉は「あした輝く」。ドラマ鑑賞、音楽鑑賞、北海道が好き。

田中 柚瞳

田中 柚瞳

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
セールスチーム

Yume TANAKA
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Sales Team

大阪生まれ大阪育ち。同志社大法学部に進学し、京都でのんびりと学生生活を送る。卒業後、独立系大手証券会社に就職。関西の支店で約3年間営業の経験を積む。女性としてのキャリア形成に対する不安から、転職を決意。「仕事とは?」と根本的に問い直した結果、日常生活の大半を占める仕事を通して、【誰と何に取り組み、どんな経験を経てどんな人間になるか】は非常に重要な問題であり、仕事選びは人生最大の投資であることに気づく。そして、スローガンと運命の出会いを果たす。趣味は読書と散歩。かなりの猫好きだが重度の猫アレルギーのため犬派に転向。実家にチワワが2匹おり、今では大の犬好きに。

長谷川 寛昭

長谷川 寛昭

ポテンシャルアクセラレーション事業部
ヒューマンキャピタル部門
関西 Incubation Partnerチーム
インキュベーションパートナー

Hiroaki HASEGAWA
Potential Acceleration Division
Human Capital Department
Kansai Incubation Partner Team
Incubation Partner

京都市伏見区出身。立命館宇治高校・立命館大学経営学部卒。学生時はバイクチームを結成。フルカスタムしたバイクで夜な夜な集団安全走行を行っていた。2006年(株)インテリジェンスオフィス(リクルートトップパートナー)に新卒入社。7年間、人材採用のプロとして営業、採用提案、自社採用、マネジメントを行う。その後「独立自営的な生き方がしたい!」という想いを抱き卒業。個人で輸入業を始め、そのビジネスモデルを原型とした総代理店ビジネスとして数ブランドを手掛ける。第一子誕生を機に「息子が就活する時にはいい世の中であって欲しい」と本気で考え、転職活動を決意。その中でスローガンに出会い、ビジョンとカルチャーに共鳴し入社。趣味はHIP-HOP、reggae、お酒、子育て。

吉田 由衣

吉田 由衣

コーポレート部

Yui YOSHIDA
Corporate Planning Division

埼玉県出身。立教大学で野球サークルのマネージャーとして4年間を過ごす。卒業後、社会インフラに携わりたいという思いから政府系金融機関に入社。格付と財務諸表だけではわからない事業会社の中身を知るため退社し、映像制作会社にて経理・総務を経験する。よりチャレンジングな環境でスキルアップするため、胸を借りるつもりでスローガンに入社。

今朝丸 千恵

今朝丸 千恵

ポテンシャルアクセラレーション事業部
カスタマーサクセス部門
オンラインナーチャリングチーム

Chie KESAMARU
Potential Acceleration Division
Customer Success Department
Online Nurturing Team

横浜国立大学教育人間科学部卒業後、大手化粧品メーカーに入社し、営業職に就く。 その後、戦略系コンサルティングファームのアシスタント職を経て、2011年10月スローガンに入社。入社後はGoodfindの“中の人”として、メールや電話にて学生さんとのコミュニケーション担当として従事。結婚後も二児の母として育児に仕事に奮闘中。幼少期から絵を描くことや工作が好きで、子供と一緒に作品を作ったり、アートの勉強をしている。また夫の趣味が城巡りであり、休日は家族で城跡巡りも楽しむ。

白鳥 陽太郎

白鳥 陽太郎

スローガンアドバイザリー株式会社
エージェント

Yohtaro SHIRATORI
Slogan Advisory, Inc.
Agent

早稲田大学政治経済学部入学後、カンボジアで教育支援に取り組むNPOにて代表を務める。3.11直後から、ETIC.「右腕プログラム」のメンバーとして被災地域のアセスメント業務に取り組む。地方で生活するなかで感じた「新しい産業の創出」という課題にアプローチするべくスローガンに入社。入社後はスタートアップ企業の採用コンサルティングに従事。Goodfind Magazine編集長も務める。後に子会社であるスローガンアドバイザリーの立ち上げに参画し、コーポレート業務以外を幅広く担当。週末は虫のように季節に合わせて各地の山々を転々としている。熱心なヤングジャンクリスナー。うどんよりもそば好き。私立市川高校出身。

細江 チャーリー 啓太

細江 チャーリー 啓太

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
セールスチーム

Keita Charley HOSOE
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Sales Team

高校時代はミュージカルに魅了され、劇団四季への入団を目指す。その後、日本の大学に進学するも、よりチャレンジングな環境に身を置くために中退し、ワシントンDCのアメリカン大学へ編入。圧倒的な英語力不足や要求される思考レベルの高さに苦しめられながらも、日々の猛勉強に加え、持ち前の困難な状況をも楽しんでしまうキャラクターで生存競争に勝ち残る。有名企業に入社したにもかかわらず仕事にやりがいを持てていない人を多く見てきたことや、社会に新たな価値を生み出す企業を増やしたいという思いから、大学生の最適なキャリア選択やベンチャー企業の成長に貢献すべく、スローガンにジョイン。趣味はマジックで、まれに駅前などの路上に出没。チャーリーはニックネーム。

島田 啓佑

島田 啓佑

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門

Keisuke SHIMADA
Potential Acceleration Division
Client Relations Department

高校2年間をドイツの田舎町で過ごし、16歳にはバックパックひとつで異国の地を3週間一人旅するフットワークの軽さを身につける。帰国後は法政大学社会学部に入学。夏はラクロス、冬はスキーに没頭し一年中真っ黒に日焼けして過ごした学生時代。卒業後は中小ベンチャーで法人営業に従事し、約2万社の顧客の中でもTOP50社を担当。その後米国への留学、就業の道を模索するも断念。再びベンチャーへ入社し、FCオーナー開発、業務改善、販促企画、法人サービス立ち上げ等を行う。前職の採用担当者からの評判を聞き、2017年スローガンに参画。神奈川県出身。

志村 麻美

志村 麻美

スローガンアドバイザリー株式会社
代表取締役

Asami SHIMURA
Slogan Advisory, Inc.
Representative Director

2001年早稲田大学法学部卒業。同年株式会社インテリジェンス入社。人材紹介事業部においてキャリアアドバイザーとして転職支援に携わる。2006年に株式会社I&Gパートナーズ(現株式会社アトラエ)に参画。Greenの立ち上げに携わるとともに、同社人材紹介事業部を牽引。2011年にこれまでの経験を活かし、独立。株式会社シンクセレクトを設立。クライアントは主にIT、ネット系ベンチャー企業。これまで15年以上にわたり人材紹介事業に携わってきた結果として、転職相談者数は累計5000名を超える。2016年10月、長くパートナーとして外部から一緒に仕事をする中で、その考えに共感をしたスローガングループへの参画を決め、スローガンアドバイザリー株式会社代表取締役に就任。

水落 ゆうか

水落 ゆうか

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門

Yuka MIZUOCHI
Potential Acceleration Division
Client Relations Department

小学校時代までは東京、中高は宮城県仙台市で過ごす。1年間のカナダへの交換留学も経験。その後、立命館大学へ進学。大学では、国際関係学と国際行政について学びながら、音楽サークルに通う日々を過ごした。一方、スローガンの京都支社長(当時)の野島のもとでインターン生として京都支社立ち上げに携わり、大型イベントの運営責任者としても活躍。人生におけるターニングポイントに関わりなおかつ、社会的意義のある活動を真剣に行っていることに共感し、2012年4月から、新卒では初めての女性社員として入社。趣味はバイオリン。サントリーホールで聴いた演奏に感動し3歳からバイオリンを始め、小学校ではコンサートミストレスとして弦楽団を2年連続で全国大会に導き、全国優勝も獲得。中高においても、オーケストラにてコンサートミストレス兼部長として活躍。大学からは自己表現の能力を鍛錬するためにバンド活動や、イベントの余興(?)などで演奏を続けている。

川野 真太郎

川野 真太郎

マネジメントサポート部
執行役員 兼 マネジメントサポート部長

Shintaro KAWANO
Management Support Division
Executive Officer and Management Support Division Manager

2008年、当時社員1名のスローガン株式会社にインターンとして参画。新卒1期生としてその後もベンチャー、スタートアップに向けて採用を中心としたHR支援に従事。営業部門のマネジャーポジションを歴任し2012年4月より執行役員に最年少で就任。2016年よりスローガンアドバイザリー株式会社取締役に就任。2017年よりREAPRA Venturesに出向、HR Managerとして国内拠点立ち上げから参画し、起業家のソーシングや投資先企業のHR支援などに従事。2018年7月よりスローガン株式会社に帰任。広島市立基町高校、明治大学法学部卒。

平川 貴詞

平川 貴詞

FastGrow事業部

Takashi HIRAKAWA
FastGrow Division

千葉県出身。幼少期から高校までは野球に明け暮れ、青春時代のほとんどを坊主で過ごす。大学では主に、学園祭実行委員と企業での長期インターンにコミット。学園祭実行委員では、企業でいう採用責任者を担当し、約360人のメンバー獲得を達成。インターンでは、計5社でインターン。内3社では新規事業部署で経験を積む。新卒でリクルートの人材派遣領域に入社したものの、新規事業の手探り感が好きなのと、世の中に、もっと面白いことを仕掛ける人(イノベーター)を増やしたいという想いが強く、スローガンのFastGrow事業にジョイン。早稲田大学人間科学部卒業。尊敬する人はイチローさんと森岡毅さん。

諸藤 周平

諸藤 周平

社外取締役

Shuhei MOROFUJI
Outside Director

株式会社エス・エム・エス(東証一部上場)の創業者であり、11年間にわたり代表取締役社長として会社を東証一部上場まで牽引。同社退任後2014年より、シンガポールにてREAPRA PTE. LTD.を創業し、アジアを中心に、産業を創るために、数多くの事業を自ら立ち上げる事業グループを形成すると同時に、ベンチャーキャピタルとして投資活動もおこなう。1977年生まれ。九州大学経済学部卒業。

杉浦 孝雄

杉浦 孝雄

ポテンシャルアクセラレーション事業部

Takao SUGIURA
Potential Acceleration Division

1998年、システム会社に新卒入社し、航空システムの開発に従事。より強い責任と大きな裁量とを求め、2004年にウェブマーケティング会社に転職。営業、広告運用、社内SE、新規事業立ち上げを経てグロースハックを担う働き方を模索。その中でスローガンと出会い、志に共感し参画を決意。奈良県大和郡山市出身。法政大学社会学部卒。

小林 夕希子

小林 夕希子

ポテンシャルアクセラレーション事業部
クライアントリレーションズ部門
プロジェクトサクセスチーム

Yukiko KOBAYASHI
Potential Acceleration Division
Client Relations Department
Project Success Team

奈良市出身。同志社大学在学時は体育会機関紙の記者として、ラクロス部のおっかけに没頭する。国語の教員を目指していたが、自身の可能性と好奇心を追求しスポーツ量販店に入社。3店舗を経験し、自身の才能に気付かないまま無難に就職していく従業員の学生たちに違和感を抱き、業務内容に留まらない従業員一人一人の育成・貢献にやり甲斐を見出す。その後新業態1号店のオープンメンバーとして従事するが、多くの人と関わる中で相手にも自分にもよりメリットが生まれる仕事がしたいと思い転職を決意。「才能の最適配置」というミッションに強く共感しスローガンに入社。安室奈美恵、ディズニー、ピンヒール、焼肉など好きなものが多いが、好きと言うものは全て150%の熱量で好き。

PEOPLE: Alumni/ アラムナイ